大谷 内野安打がやっと 巨人は「特に後半は粘り強い」

[ 2013年6月6日 23:27 ]

8回2死二塁、二塁内野安打を放つ大谷

交流戦 日本ハム2―4巨人

(6月6日 東京D)
 打者として2戦続けて先発出場した日本ハムの大谷は、8回に内野安打を放つのがやっとだった。2死二塁からマシソンの149キロを捉え、バウンドした打球が二塁手のグラブをはじく間に一塁へ駆け込んだ。

 敵地での巨人戦は9打数1安打に終わった。強力打線の迫力に「特に後半は粘り強い。一発があるから怖い。何とか打席でチャンスを広げてあげれば良かったけど」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース