楽天 投手陣総崩れの1イニング10被安打 交流戦首位転落

[ 2013年6月6日 06:00 ]

<ヤ・楽>試合後、ベンチを出る楽天・星野監督

交流戦 楽天5-9ヤクルト

(6月5日 神宮)
 総崩れだ。楽天は3点リードの6回に、投手4人が1イニングで計10安打を浴びて8失点。

 星野監督は「もうちょっと慎重にいかないと…。ボールがみんな高いよな」と嘆いた。先発・戸村がミレッジ、バレンティンに連打を浴びて5回0/3で降板。その後も青山、ハウザー、土屋と、つぎ込んだ投手が次々に痛打を浴び続けた。交流戦首位の座からも転落し、指揮官は「中継ぎ?おる投手でやりくりするしかない」と渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース