森野 逆転2ランに「今年初めて仕事をした」同級生の山井を援護

[ 2013年6月6日 21:31 ]

<中・オ>7回、森野(中)は逆転の右越え5号2ランを放ちクラーク(右)平野コーチに迎えられる

交流戦 中日2―1オリックス

(6月6日 ナゴヤD)
 序盤からことごとく好機をつぶしてきた中日打線。1点をリードされて目が覚めたのか、7回無死一塁から3番森野が右越えに5号逆転2ランを放って接戦をものにした。

 5回には1死一、二塁の先制機に空振り三振していただけに期するものがあった。オリックス2番手比嘉の3球目を捉えたアーチに「同級生の山井がいいピッチングをしていたので、つなぐ気持ちで行ったが最高の結果になった。手応えは完璧でした」と語り、「今年初めて仕事をした」とこれまでの不調を挽回する一打を振り返った。

 1日置いて次戦はホームでのソフトバンク戦。全開は2戦続けて2桁失点の大敗を喫した。「福岡ではやられているのでやり返したい」と雪辱を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース