東大 土壇場9回粘りも惜敗 浜田監督手応え強調

[ 2013年6月6日 06:00 ]

<東大・立大>7回2失点の東大・辰亥

東京六大学野球新人戦最終日・3位決定戦 東大1―2立大

(6月5日 神宮)
 東大は1点を追う9回、1死満塁と追い詰めたが1点が遠かった。

 代打の関と臼井が一飛と三ゴロに倒れゲームセット。新人戦の監督は学生コーチが務めるのが慣例のため、スタンドから見届けた浜田一志監督は「こういう試合を積み重ねていけばいい」と前向きに話した。3日の早大戦で勝利投手になった辰亥が先発し、7回8安打2失点と好投。2試合で205球を投じた右腕は「走者を出したが粘れた。秋のリーグ戦に生きる」と自信を口にした。

 ▼立大・篠崎(初回1死一、三塁から決勝の右前適時打)逆転したい気持ちがつながった。秋のリーグ戦でレギュラーを獲れるように頑張りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース