ボイヤー「100点満点」実戦デビュー!昇格早くても来週以降

[ 2013年6月6日 11:24 ]

<育成試合 阪神・香川>好投を見せたボイヤー

 自画自賛の満点デビューだ。阪神の新外国人ブレイン・ボイヤー投手(31=前ロイヤルズ傘下3Aオマハ)が5日、鳴尾浜球場で行われた育成試合の四国アイランドリーグ・香川戦に4回から来日初登板。1イニングを無安打無失点に抑えた。

 「3人に対して8球。ボール2球、ストライク6球だろ。3者凡退だし100点満点さ」

 修正能力の高さを見せつけた。初めてシート打撃に登板した2日には、メジャーのマウンドとボールの違いから制球に苦しんだが、この日はテンポよくストライクゾーンに投げ込んだ。最速149キロの直球とキレ味鋭いカーブで7番からの下位打線を三ゴロ、遊ゴロ、三ゴロに仕留めた。

 「ボールもだいぶ慣れてきたよ。曲がりすぎたりせず、しっかりコントロールできた。マウンドも穴があって散らかっていたけど慣れるという意味では良かったんじゃないかな」

 登板内容を遠征先の倉敷で聞いた中西投手コーチは「7、9日(ウエスタン・ソフトバンク戦、雁の巣)も投げさすよ。良くなかったら(11日からの)甲子園の(ウエスタン)広島戦でも投げさせる」と、1軍昇格は早くても来週以降になることを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース