森脇監督 いら立つ「序盤のミスは取り返せるが、終盤のミスは取り返せない」

[ 2013年6月6日 22:24 ]

逆転負けに渋い表情の森脇監督

交流戦 オリックス1―2中日

(6月6日 ナゴヤD)
 またも勝負どころで一発に泣いた。オリックスは2番手の比嘉が7回、森野に逆転2ランを許した。

 前夜は岸田がクラークに同点2ランを浴び、逃げ切りに失敗。この日も同じように左打者に右翼席へ運ばれ、森脇監督は「リプレーみたい。序盤のミスは取り返せるが、終盤のミスは取り返せない」といら立ちをあらわにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月6日のニュース