広島 6連敗で止まる 移籍の小野が今季初勝利

[ 2013年6月6日 20:40 ]

移籍初勝利の小野(左)はウイニングボールを手に野村監督とガッチリ握手

交流戦 広島4―1ロッテ

(6月6日 尾道)
 広島が逆転勝ちで連敗を6で止めた。

 5回、2死一、二塁で代打の岩本が右前適時打を放ち同点。6回には無死一、三塁でエルドレッドの併殺打の間に三塁走者が生還して勝ち越し。8回に梵の2点二塁打で試合を決めた。2番手として登板した巨人から移籍の小野が今季初勝利を挙げた。

 ロッテは2回、1死三塁で岡田のスクイズが決まり先制したが、中盤は走者すら出ず、2失点で踏ん張った唐川を援護できなかった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース