三浦 “男気”敗戦の弁「踏ん張れなくて逆に申し訳ない」

[ 2013年6月6日 06:00 ]

<D・ソ>6回無死、DeNAの金城は今宮の打球を捕球できず三塁打とする

交流戦 DeNA0-2ソフトバンク

(6月5日 横浜)
 DeNAの三浦が8回を5安打2失点。10奪三振の好投も打線の援護なく、ソフトバンク戦は通算0勝5敗となった。

 「いい投球をしても勝たなきゃダメ。2点を取られたのには反省点がある」。6回の2失点目は右翼手の金城が今宮の打球を照明に入れて後逸、三塁打にする不運もあったが「何とかしようとチャージした結果。踏ん張れなくて逆に申し訳ない」と番長らしく振り返った。

 ▼DeNA・中畑監督(帆足に封じられた打線に)パームボールに対応し切れていない。気持ち良く投げさせてしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース