小田 執念ヘッド 失策呼んだ!高木監督「まさに意外だった」

[ 2013年6月6日 06:00 ]

<中・オ>9回、投手のエラーを誘う強襲打を放ちナインから手洗い祝福を受ける中日・小田(中央)

交流戦 中日4-3オリックス

(6月5日 ナゴヤD)
 決して速くない足をフル回転させた。無我夢中で一塁に頭から飛び込むと、ベンチから歓喜のナインが押し寄せる。9回2死一、三塁、持ち味の“泥くさい”野球で試合を決めたのは中日・小田だ。

 「バットに当たったら何かあると思って、その何かが起こった」

 オリックス守護神・平野佳の146キロ直球を叩いた打球は投前へ。その打球を平野佳が三塁方向へと弾く間に、一塁ベースへ飛び込んだ。今季2度目のサヨナラ劇は意外な形で結実した。

 すぐさまリベンジを果たして見せた。今月3日の楽天戦(Kスタ宮城)。延長11回無死一塁の場面で捕前の犠打を二塁悪送球し、サヨナラ負けの一因を作った。

 「気持ちを落ち着かしたり、1日かけて気持ちに整理を付けてきた」

 「僕は9割5分守備(の選手)」と自認するだけに、守備のミスは忘れられない。練習休日の前日は自室で、その外見からは想像できないラベンダーのアロマを炊き、精神を集中。眠れないほど高ぶった気持ちを静め、仕事場へと戻ってきた。

 6回にクラークの7号代打2ランで同点に追いつき、投打とも粘った末のサヨナラ勝ちで連敗を3でストップ。貴重な勝利に高木監督も「アレの意外性に期待したら、まさに意外だった」と声を弾ませる。ムードメーカーがチームに漂う閉そく感を振り払った。今やおなじみとなった、小田のお立ち台での決めぜりふで球場が1つになった。「スリー、ツー、ワン、やりました~」。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース