大谷 初5打席&初3三振 山口に脱帽「手も足も出なかった」

[ 2013年6月6日 06:00 ]

<巨・日>6回2死、日本ハム・大谷(右)は一ゴロに打ち取られ天を仰ぐ

交流戦 日本ハム1-4巨人

(6月5日 東京D)
 小笠原の打球は、日本ハム・大谷のはるか頭上を越えていった。

 試合前にブルペンで約50球投げ込んだ疲れも見せずに、「6番・右翼」でフル出場。プロで5打席立ったのも初めてだったが、3三振も初の屈辱。11回1死では山口の外角直球に見逃し三振。「山口さんは変化球も精度が高く、手も足も出なかった。完全に力負けという感じです」。これで左投手には4打数4三振となった。

 球宴ファン投票の中間発表ではパ・リーグ外野手部門の前日4位から出場圏内の3位に浮上。しかし、この日は無安打に終わり、「巨人は一人一人の打者が振りも鋭くて凄いなと思いました。自分も1打席に集中して、また次の試合に(敗戦、凡退を)生かしていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース