バリントン 負傷交代「無理だと思った」

[ 2013年6月6日 22:25 ]

交流戦 広島4―1ロッテ

(6月6日 尾道)
 広島の先発バリントンが右腰を痛めて途中交代した。0―1の5回に岡田のバントを捕球し、飛び込みながら一塁にトスして着地した際に腰を強打した。続く打者は抑えたが、痛みを訴えてこの回限りでマウンドを降りた。

 バリントンは「投げ終えて無理だと思った。痛みは2、3日で引くと思う」と軽症をアピール。山内投手コーチは「帰ってから様子を見る」と話した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月6日のニュース