カージナルス14安打快勝 リーグ優勝決定シリーズ進出王手

[ 2012年10月11日 09:28 ]

捕手のモリーナと抱き合うカージナルスのC・カーペンター

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦 カージナルス8―0ナショナルズ

(10月10日 ワシントン)
 米大リーグ、ナ・リーグ地区シリーズ第3戦が10日、ワシントンで行われ、カージナルス(ワイルドカード)が8―0でナショナルズ(東地区)に大勝。2勝1敗とし、リーグ優勝決定シリーズ進出へあと1勝とした。

 カージナルスは1回に先制すると、3回にはコズマの1号3ランで追加点。その後も着実に加点し、14安打で8点を奪う快勝だった。7月の右肩手術から復活したベテラン右腕C・カーペンターは、6回2死まで7安打無失点と好投し今季初勝利。マシーニー監督は「彼と医療スタッフに対する思いは尊敬という言葉では言い表せない」と称えた。

 ナショナルズは6回まで毎回走者を出したが、拙攻が続いて無得点に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月11日のニュース