白崎が先制タイムリー!駒大 優勝戦線残った

[ 2012年10月11日 06:00 ]

東都大学野球第6週最終日 駒大8-1青学大

(10月10日 神宮)
 駒大は、負ければ亜大の優勝が決まる崖っ縁で、青学大に快勝。優勝戦線に踏みとどまった。

 今秋ドラフト上位候補の白崎が、6回2死二塁から左越えの先制二塁打。2安打1打点の活躍に「振り負けないように意識した」と納得の表情を浮かべた。次週の中大戦でも負けられない状況には変わりはないが「最後まで緊張感のある中でやれるので、気を抜かずにいきたい」と01年秋以来、22季ぶりの優勝を見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月11日のニュース