日本ハム宮崎入り!CSへ実戦調整で教育リーグ参加

[ 2012年10月11日 06:00 ]

 CSへ向けて実戦調整の一環として、秋季教育リーグに参加するため日本ハムは宮崎入りした。

 栗山監督の「全員で心を一つにして、同じ方向を向きたかった」との意向で野手は稲葉、金子誠らベテラン陣も帯同。現地では休日の12日も韓国ハンファとの練習試合を組むなど、滞在中の4日間は徹底して試合勘を養う。指揮官は「しっかりとした4日間を過ごして、チャレンジャーのつもりで札幌に乗り込むイメージ。それが理想」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月11日のニュース