24歳コズマが3ラン「外野に飛ばすことを考えた」

[ 2012年10月11日 10:50 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦 カージナルス8―0ナショナルズ

(10月10日 ワシントン)
 若手の一発が流れを引き寄せ、カージナルスが快勝した。

 2回無死一、三塁で8番打者のコズマが初球の速球を捉えて左越え3ラン。24歳は「三塁に走者がいたから、ストライクゾーンに入ってくる最初の球を外野に飛ばすことを考えていた」と満足げだった。ベテラン遊撃手のファーカルが8月下旬に故障で離脱して以来、レギュラーシーズン26試合で打率3割3分3厘をマークするなど、その大きな穴を埋めている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月11日のニュース