アスレチックス熱狂初勝利!ビッグプレーで息吹き返した!

[ 2012年10月11日 06:00 ]

タイガース戦の2回、フィルダーの本塁打性の大飛球を跳び上がって好捕するアスレチックスの中堅手クリスプ

ア・リーグ地区シリーズ第3戦  アスレチックス2-0タイガース

(10月9日 オークランド)
 アスレチックスが地元に戻って息を吹き返した。ビッグプレーが飛び出したのは、1―0の2回だ。フィルダーの中越えの大飛球にクリスプがジャンプし、フェンス越しにグラブを伸ばして「本塁打」をもぎ取った。

 「あれが入ると相手が勢いづくと思った。必死だった」。第2戦では2点を失う落球を犯した名手が汚名返上。「完全に入ったと思った」という左腕アンダーソンが6回無失点と奮起し、救援陣も完封リレーで、対戦成績を1勝2敗とした。

 オークランド・コロシアムは3万7090人の満員で、06年以降では最多。レンジャーズに3連勝し最終戦で逆転優勝を決めた本拠地では、これで7連勝となった。06年から全てタイガースに喫していたチームのポストシーズンの連敗も6で止めたボブ・メルビン監督は「ファンは10番目の選手。ともに戦い、勢いをつくってくれた」と熱狂的な応援に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月11日のニュース