捻挫のミレッジ CSファーストSで代打待機濃厚

[ 2012年10月11日 06:00 ]

 ヤクルトのミレッジはCSファーストSで代打待機の可能性が高くなった。

 9月16日のDeNA戦(神宮)で左肩鎖関節を捻挫。打撃練習は開始したが、実戦感覚は完全には回復していない状態だ。埼玉・戸田の2軍練習場で小川監督は、打撃成績5位の打率・300をマークした助っ人について「出場選手登録はします。でも(スタメンは)もう1日、2日考えます。どう使ったらいいか」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月11日のニュース