マートン先頭打者弾で起爆剤「オオキニ」

[ 2012年6月25日 06:00 ]

<神・D>1回無死、先頭打者本塁打を放ち、ブラゼル(左)に迎えられるマートンはさわやかな笑顔を取り戻す

セ・リーグ 阪神5-2DeNA

(6月24日 甲子園)
 阪神のマートンが自身6本目の先頭打者弾で打線に火をつけ、チームを1日以来の勝率5割復帰に導いた。

 今季も2戦2敗と苦手の三浦から左翼席へ。この回5安打を集中して3点を先制し、和田監督も「マートンが起爆剤になってくれた」と喜んだ。ここまで結果が出なかった自分へのいら立ちともおさらば。前日の3安打に続く活躍に、試合後は「オオキニ」と短い言葉にプライドをにじませた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース