「状態としては良かった」が…バリントン早くも8敗目

[ 2012年6月25日 06:00 ]

<中・広>1回、2死二塁、バリントン(手前)はブランコに左越え先制2ランを浴びる

セ・リーグ 広島4-5中日

(6月24日 金沢)
 広島のバリントンは被安打7のうち5本が長打と、失投を痛打される場面が目立って5失点。「状態としては良かった。フラストレーションがたまる投球が続いている」と肩を落とした。

 昨季は13勝(11敗)でチームの勝ち頭となったが、今季は早くも8敗目を喫した。野村監督は「本人もストレスだろうけど、もったいない試合」と渋い表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース