2千安打達成の小久保「新聞で実感湧いた」

[ 2012年6月25日 19:42 ]

 ソフトバンクの小久保裕紀内野手(40)が、史上41人目の通算2千安打達成から一夜明けた25日、福岡市内で「新聞を読んで実感が湧いた。(お祝いの)メールは280通くらいきた」と喜びを口にした。お世話になった方々へのお返しとして、自身が使用しているのと同じモデルのバットを準備しているという。

 昨季達成した通算400本塁打に続く、大台到達。今後の目標は、具体的な数字を挙げず「これからは積み重ねになる。そのためにもレギュラーになり、いま一度そのポジションを守りきること」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース