根元痛恨の悪送球でドロー 抑えデビューの内にSつかず

[ 2012年6月25日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ4-4楽天

(6月24日 Kスタ宮城)
 ロッテは痛恨のミスで引き分けた。1点リードの9回1死二塁で代打・草野のゴロをさばいた根元が一塁へ悪送球。ファウルグラウンドを転々とする間に走者の生還を許した。佐藤内野守備走塁コーチは「あれぐらいはしっかりスローしてくれないと。練習するしかない」と注文をつけた。

 交流戦終了後、薮田に代えてセットアッパーの内を抑えに配置転換。内はセーブがつく場面で初登板だったが、逃げ切りに失敗した。これでリーグ戦再開後は2敗1分け。首位はキープしているが、西村監督は「(9回は)先頭を出してしまったのがね…」と厳しい表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース