宇和島東に松山商 西条、小松も…愛媛は混戦模様

[ 2012年6月25日 06:00 ]

 愛媛大会は絶対的存在がおらず混戦模様。今春県王者の宇和島東は本格派右腕・中川が大黒柱。復権を期す松山商は堅実野球で11年ぶり夏切符を狙う。

 最速146キロ右腕の小川擁する西条、昨秋県大会を制した小松、実力校の今治西、済美も地力がある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース