大先輩の快挙で刺激 大崎「学生時代から教科書のような」

[ 2012年6月25日 06:00 ]

<西・オ>8回1死満塁 大崎は、走者一掃の逆転中越え適時二塁打を放つ

パ・リーグ 西武4-3オリックス

(6月24日 西武D)
 西武・大崎が1点を追う8回1死満塁で平野から左中間を破る走者一掃の逆転二塁打を放った。「人生かけて打席に入った」。2ボールから高めの150キロ直球を振り抜いた値千金の一打に二塁を回ったところで派手なガッツポーズを見せた。

 6月はチーム15試合のうち14試合に先発して月間打率・419と絶好調。「スピードの速い投手に対しても、うまく対応できる形ができている」と胸を張り、「勝ちたい!もっと勝ちに貪欲にいくぞ!」とお立ち台で絶叫した。

 同じ日に青学大の先輩・小久保が通算2000安打を達成。花束を一番先に届くように手配したという大崎は「大先輩として尊敬しているし、学生時代から教科書のような存在。準備のための練習を常に頭に置いてやっている。全然追いつけないけど、背中を追いかけたい」と声を弾ませていた。

 ▼ロッテ・井口 僕にとっては(青学大の)3年上の先輩で、練習を物凄くやる人。そんな背中を大学の頃から見てきた。手本になる方です。

 ▼ヤクルト・石川(青学大の後輩)宮本さんもそうだけど、身近な人がこうなって凄く縁を感じる。めっちゃうれしい。青学大としても初。凄いことだと思います。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース