松井 4番で2試合連続安打「出ないよりは出た方がいい」

[ 2012年6月25日 08:17 ]

フィリーズとのダブルヘッダー第1試合の8回、逆転3ランを放ったペーニャを迎えるレイズ・松井

交流戦 レイズ3―2フィリーズ

(6月24日 フィラデルフィア)
 レイズの松井は24日、フィラデルフィアでのフィリーズとのダブルヘッダー第1試合に「4番・左翼」で出場し、3打数1安打だった。

 第1打席で左飛に倒れた松井は4回の2打席目に「甘い球だった」速球をたたいて中前打を放った。4番に座り2試合連続安打に「(安打は)出ないよりは出た方がいい。良かった」と振り返った。

 3打席目以降は空振り三振、四球で、8回に代走を送られ交代。安打が出なかった「他の打席も全体的に感じが良かった」と話し、打率1割6分9厘という数字以上に本人は手応えを感じているようだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース