逆転許したバッテリーに岡田監督ムッ「自滅やん」

[ 2012年6月25日 06:00 ]

<西・オ>8回1死満塁、平野は大崎に逆転中越え適時二塁打を打たれる

パ・リーグ オリックス3-4西武

(6月24日 西武D)
 オリックスは継投が決まらず、1分けを挟んで連敗が4に伸びた。

 2番手の平野がつかまった。岡田監督がポイントに挙げたのが8回1死一塁の場面。上本を2球で簡単に追い込み、しかも2球目はフォークボールで空振りを奪っているにもかかわらず、3球目の速球を右前に運ばれた。平野はその後1死満塁から大崎に3点二塁打を許した。指揮官は「あの空振りを見て、真っすぐいかれるバッテリーはいない。自滅やん」と怒りを押し隠すように話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年6月25日のニュース