ワイルドカード枠拡大へ セリグ氏 今季実施に意欲

[ 2012年1月13日 10:21 ]

 2014年までの任期延長が決まった米大リーグのバド・セリグ・コミッショナーは12日、プレーオフに出場するチーム数について、ア、ナ両リーグの地区優勝以外で最高勝率を残したチームに与えられていたワイルドカード(WC)枠を今季から拡大したい考えを明らかにした。

 現在各リーグで1チームずつのWCを2チームずつに増やし、2チームがプレーオフの本戦出場を懸けて戦う方式が計画されている。大リーグ機構と選手会が3月1日までに合意すれば、今季から実施が可能。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース