婚姻届提出から一夜 中田「一層気が引き締まる思い」

[ 2012年1月13日 06:00 ]

結婚報道から一夜明け、自主トレを行った中田(右)

 日本ハムは12日、中田翔内野手(22)が11日に結婚したことを発表した。お相手は大阪桐蔭の同級生だった大阪府在住の一般女性(22)で、11日に2人で大阪府内で婚姻届を提出した。

 中田は球団を通じて「家族ができて、より一層気が引き締まる思いです。今まで以上に野球に打ち込んで、チームにもっと貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いします」とコメントした。7日から、大阪府吹田市内のグラウンドで大阪桐蔭の先輩・西岡(ツインズ)らと合同自主トレ中。結婚から一夜明けて「友達からお祝いのメールとか届きました」と時折笑みを浮かべる場面もあったが、ランニング、ノックなど約7時間、家族が増えた5年目のシーズンに向けて精力的に体を動かした。

 息子の結婚に広島から駆けつけた母・香織さん(48)は「うちの子にはもったいないぐらいのいいお嬢さん。去年も翔の心の支えになってもらった」と祝福。その上で「いつも笑顔でいられる温かい家庭をつくってもらいたい」と話していた。中田は2月のキャンプ後、3月から札幌市内の新居で新生活をスタートさせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース