城島は春季キャンプ1軍スタートへ

[ 2012年1月13日 21:01 ]

 阪神は13日、兵庫県西宮市内でキャンプに向けたスタッフ会議を開き、和田監督は故障からの復活を目指す城島を1軍スタートにする意向を示した。

 昨年は左膝手術の影響で2軍調整。1、2軍の決定は22日で、監督は自主トレの調整に見極めの余地は残しつつ「普通に考えればそうなるんじゃないか」と順調ならオフに故障した桧山とともに1軍に入れるとした。

 ことしの1軍は2次キャンプ地だった高知から撤退し、他球団が多く滞在する沖縄本島だけで行う。その利点を生かし、昨年2試合だった練習試合は2月12日の日本ハム戦をはじめ5試合に増やした。監督は「若手の底上げも必要」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース