「納得して押したい」平野、2度目の交渉も保留

[ 2012年1月13日 06:00 ]

2度目の交渉も保留し、さえない表情で会見する平野

 阪神・平野が兵庫県西宮市の球団事務所で2度目の契約更改交渉に臨み、前回と同じ2000万円増の年俸1億8000万円プラス出来高払いの提示を保留した。

 今季は自己最多142試合に出場し、打率・295はリーグ5位。「(成績を残した)その年にしっかり評価していただきたい」と主張した。今後は代理人交渉も視野に入れる。「本当は一日でも早く契約したい。ただ、納得して押したい」と妥協はしない構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース