五十嵐 メジャー昇格への課題は高速変化球&上半身強化

[ 2012年1月13日 06:00 ]

 パイレーツとマイナー契約を結んだ五十嵐が、「メジャーに上がらないと意味がない」と強い決意を口にした。

 今月2日からロサンゼルスで自主トレを行っており、メジャー昇格への自身の課題として(1)ドミニカ・ウインターリーグで磨いた高速ツーシームとスライダー(2)上半身の筋力アップ、を挙げた。

 メッツでプレーした昨季までの2年間は、右打者に被打率・279。そこで内角へ食い込むツーシームと、外角へ落とすスライダーをウインターリーグで磨いた。下半身が重要とされる筋力トレーニングについても「スライダーを投げることによって、上半身に体重を乗せる感覚が必要と感じた」。2月には招待選手としてメジャーキャンプに参加する右腕。「このまま終わりたくない」と、まずは開幕ロースター入りを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース