日本から2年連続 米審判会議に友寄審判員を派遣

[ 2012年1月13日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)の友寄正人審判員(53)が米アリゾナ州フェニックスで開かれる大リーグの審判部門のミーティングに出席することが12日、分かった。

 日本の審判員が参加するのは昨年の井野修審判部長(57)に続いて2度目。友寄審判員は16日(日本時間17日)から3日間、約80人のメジャー審判員全員が参加する審判部門ミーティングに合流する。実践講習などにも参加してセ、パ両リーグ統合2年目を迎える審判員の技術向上へつなげていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース