猶予期間終了 バットは最大6・6センチ以下

[ 2012年1月13日 19:13 ]

 プロ、アマ合同の日本野球規則委員会は13日、ことしから規則通りに木製バットの最大直径を6・6センチ以下にすることなど、公認野球規則の一部改正を発表した。2月15日に発効する。

 細いバットの方が折れにくいというデータに基づき、昨年の規則委員会で最大直径が7センチから6・6センチに変更されたが、1年間は猶予期間が設けられていた。また、攻撃側の妨害行為がより具体的に書き直されたほか、来年度から横書きに変更されることも決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース