内川に大分県民栄誉賞

[ 2012年1月13日 17:59 ]

 大分県は13日、プロ野球史上2人目となるセ、パ両リーグでの首位打者に輝いた福岡ソフトバンクホークスの内川聖一(29)=大分市出身=に、県民栄誉賞に当たる「大分県賞詞」を贈った。

 同日、県庁で授与式が開かれ、内川は「賞をいただいたことで、頑張ったことが評価され、うれしく思った。今シーズンも県民の皆さんに活躍を見てもらえるようにしたい」とあいさつ。

 広瀬勝貞知事は「大変な努力家で、故障もあったがしっかり乗り越えて今日の座を獲得された。前進に前進を重ねてほしい」と激励した。

 内川選手の大分県賞詞受賞は、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本が連覇した2009年に続き2回目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース