上原&建山、ダル入団心待ち 入札制度への注文も…

[ 2012年1月13日 06:00 ]

今年の意気込みを語り、気合のガッツポーズを見せる(左から)上原浩治、大畑大介、建山義紀

 レンジャーズの上原と建山は、ダルビッシュの入団を心待ちにしていた。都内で行われたイベントに東海大仰星時代の同級生で元ラグビー日本代表の大畑大介氏とともに参加。上原は「来てくれたら3人同じチームでできる。楽しみに待っている」と歓迎した。

 レンジャーズ・ボールパークは打球が飛ぶことで有名だが、日本ハム時代からの同僚・建山は「仮に本塁打を打たれても気にしすぎないこと。自分の持ち味を出すことが大事」と先輩らしいアドバイスも送った。

 その一方で、日本球界への提言も。ともに入札制度の改善を希望し、上原は「みんなが分かりやすいルールをつくってほしい。個人的にはなくすべき」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース