ダルビッシュ獲得に強い意欲 ライアン社長“テキサスの象徴”贈った

[ 2012年1月13日 06:00 ]

99年、野球殿堂入りし、プレゼントされたウエスタンブーツを持つライアン氏。ダルビッシュにもブーツを贈った

 日本ハム・ダルビッシュ有投手(25)の独占交渉権を獲得したレンジャーズのノーラン・ライアン共同オーナー兼球団社長(64)が11日(日本時間12日)、獲得への強い意欲を示した。

 年明けに対面した際、地元テキサス州のシンボルであり、友情を示すウエスタンブーツを贈ったことを明らかにした。交渉期限まで1週間を切る中、メジャー歴代最多の通算5714奪三振を記録した剛腕が「直球勝負」でラブコールを送った。

 オーナー会議の会場に姿を見せたライアン氏は、ダルビッシュの話題になると目を輝かせた。「彼の将来性が楽しみでなければ、これほど興味を持ったりはしない」。年明けに渡米したダルビッシュと本拠地アーリントンで対面。そこで熱意を伝える「切り札」として「ウエスタンブーツをあげたよ」と明かした。

 テキサス州出身の英雄ライアン氏だけでなく、全ての「テキサンズ(テキサスっ子)」や米国の南部出身者にとって、ウエスタンブーツには特別な意味がある。

 カウボーイハットとブーツ姿は正装で、誇りや友情の証。10年にレ軍が球団初のリーグ制覇を果たすと、昨年4月にはロン・ワシントン監督らに特製の「チャンピオンブーツ」が贈られたほどだ。

 レ軍の落札額5170万3411ドル(約39億8116万円)の下4桁は、ライアン氏の永久欠番である「34」とダルビッシュの「11」の意味。ライアン氏からのプレゼントは「おまえも、これでテキサンズの一員」との思いが込められている。

 ▽ウエスタンブーツ 別名カウボーイブーツ。乗馬の際、鐙(あぶみ)に足を引っかけやすいように爪先がとがっているところが特徴。ケガの防止のためにロング丈になっており、アッパー前面には彫り模様がある。1足で1600ドル(約12万3000円)を超える高級ブランドもあり、ブッシュ、クリントン元大統領は収集家としても有名だった。カウボーイにとって自分の足にフィットするブーツ探しは命を左右する最重要課題だけに、米国人、特にテキサス出身者は魂の象徴のようなアイテムにもなっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月13日のニュース