長船騏郎氏 元早大捕手 長嶋ジャパン誕生に尽力

[ 2012年1月13日 15:51 ]

 野球殿堂入りを決める野球体育博物館の表彰委員会は13日、特別表彰でプロアマの垣根を越えた五輪の日本代表編成に尽力した故長船騏郎氏を選んだと発表した。

 故長船氏は学生野球の発展、プロアマの関係修復などに尽力し、日本代表編成委員会の委員長として2004年アテネ五輪で誕生させた「長嶋ジャパン」はファンの関心を集めた。

 記者会見に出席した宏子夫人は涙を流し、「これからも(故人を)忘れないでなんてずうずうしいことは言わないので、時々思い出してやってください」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年1月13日のニュース