東浜 江川、和田に続く3年秋の300K到達

[ 2011年10月12日 06:00 ]

<亜大・東洋大>5回2死、小田から三振を奪ってリーグ通算300奪三振を達成した亜大先発・東浜

東都大学野球リーグ第6週第1日 亜大1-5東洋大

(10月11日 神宮)
 3年秋での300奪三振到達も、亜大・東浜の表情は晴れなかった。

 「いくら自分の記録が達成されても、チームが勝たなければうれしくない」。三振よりも、白星を積み上げられなかったことを何より悔しがった。2回に堀尾の本塁打で先制点をプレゼントされたが、6回には勝ち越し点を献上。「調子は悪くなかったけど、(藤岡との対戦で)興奮していた」と、ライバルとの対決で肩に力が入った。それでもこの日の5個を加え計302奪三振。3年秋に300奪三振に到達したのは、東京六大学では早大・和田(ソフトバンク)、法大・江川(元巨人)の2人のみ。47試合目での到達は和田の42試合には及ばないが、50試合の江川を上回るハイペースで、東洋大・大場(ソフトバンク)が持つ東都記録の410奪三振更新も十分に可能だ。「技術、心構えがまだ甘い」と、東浜はこの敗戦を糧にさらに成長していく。

 ▼ソフトバンク・和田(早大3年終了時点で305奪三振)レベルの高い東都でそれだけの三振が取れるのは凄いこと。3年間、ケガをしないで投げ続けられていることも素晴らしいと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月12日のニュース