川井 安定感◎!「最高にうれしい」

[ 2011年10月12日 06:00 ]

<中・ヤ>7回、相川を打ち取り手を叩きベンチに引き揚げる川井

セ・リーグ 中日3-1ヤクルト

(10月11日 ナゴヤD)
 中日先発の川井は8回途中3安打無失点と好投して5勝目をマーク。リーグ終盤の首位攻防戦で存在感をアピールし「最高にうれしい」と喜んだ。

 持ち味の低めへ集める制球が光った。打者の手元で微妙に変化するくせ球も効き、何度もバットを折った。1四球の安定感で、ヤクルト打線に付け入る隙を与えず「ヒットは打たれても、要所要所は抑えられた」と胸を張った。

 ▼中日・岩瀬(9回、走者を出しながらも37セーブ目)最悪、勝てるように、2点差なので一塁走者を還さなければいいと思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月12日のニュース