上原 快勝に「ウジウジしてても、しゃーない」

[ 2011年10月12日 06:00 ]

<レンジャース・タイガース>サヨナラ勝ち。出番はなかったけれどファンの声援に応えながら球場を後にする上原浩治(左)と建山義紀

ア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦 レンジャーズ7-3タイガース

(アーリントン)
 終盤にブルペンで準備をしていたレンジャーズの上原だが登板はなかった。

 3ランを浴びた地区シリーズ第2戦を「引きずっている」と話していたが、この日の劇的勝利で「チームが勝っているので一緒に喜べばいい。個人のことはどうでもいい。ウジウジしてても、しゃーない」と切り替えた。建山も「(味方の)ブルペンは付け込むスキを与えない。僕もいい流れに乗れればいい」。第2戦までに救援陣8投手で登板していないのは上原と建山だけ。出番が待ち遠しい様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月12日のニュース