西武 15安打で快勝!西口6年ぶり二桁勝利

[ 2011年10月12日 21:26 ]

ロッテ戦に先発した西武・西口

パ・リーグ 西武11-3ロッテ

(10月12日 札幌D)
 西武が15安打11得点で快勝した。0―1の1回に中島の適時打と中村の47号2ランで3点。四回には浅村の9号3ランなどで4点を奪い、その後も着実に加点した。6回3失点の西口が6年ぶりとなる10勝目。

 1、2回と続けて失点。2回の攻撃中、渡辺監督に直接激励された。「監督に活を入れられた。それで気を引き締め直した」と持ち直し、6回3失点でまとめた。

 チームトップとなる2桁勝利は、39歳のベテランにとって6年ぶりのこと。見事に復活を遂げた要因を「真っすぐの切れが今年はいい。だから他のボールも生きてくる。それが一番」と分析した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月12日のニュース