横浜売却問題で渡辺会長「品が良ければ文句ない」

[ 2011年10月12日 23:04 ]

 プロ野球巨人の渡辺恒雄会長は12日、横浜球団を保有するTBSホールディングス(HD)が球団売却交渉を進めている相手とみられる携帯電話向けソーシャルゲームサイト「Mobage(モバゲー)」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)について「調べて品が良ければ文句ない。もし出会い系サイトとか、そういうのが全くない、まともなIT企業なら」と語った。

 渡辺会長は「例えば、あるネット企業があって、出会い系サイトをやっているのは問題。教育的効果が悪いのは僕は反対する」と話し、新たに球界参入する企業の条件として「球団保有企業は品の良さを最低限持ってもらわないと」との考えを示した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年10月12日のニュース