中日に優勝M4初点灯 最短で14日に連覇決定

[ 2011年10月12日 21:31 ]

セ・リーグ 中日4-3ヤクルト

(10月12日 ナゴヤD)
 プロ野球セ・リーグは12日、首位の中日が2位ヤクルトに4―3で勝ち、優勝へのマジックナンバー「4」が今季初めて点灯した。最短で14日に2年連続9度目のリーグ制覇が決まる。

 中日は残り7試合のうち4勝すれば、ヤクルトとの直接対決2試合を含む3試合に敗れても、77勝58敗9分けで勝率5割7分となり、ヤクルトが残り6試合に全勝して73勝56敗15分けとなった場合の勝率5割6分6厘を上回る。

 パ・リーグではオリックスと延長10回、2―2で引き分けた日本ハムの2位が確定した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月12日のニュース