天王山で動いた落合監督 采配ズバリ さあ総仕上げだ

[ 2011年10月12日 07:55 ]

セ・リーグ 中日3-1ヤクルト

(10月11日 ナゴヤD)
 中日は11日、ヤクルト戦で初回にトニ・ブランコ内野手(30)が先制の14号2ランで2位・ヤクルトを連破した。
【試合結果 順位表】

 天王山の第2戦。落合監督は前夜のヒーロー平田に代えて、館山と相性の良いグスマンを起用した。8回には無失点の川井から小林正、平井と継投。ピンチを招くと、惜しみなく浅尾、岩瀬を投入して逃げ切った。12日も勝てば優勝マジック4が点灯。終盤に来て息切れ気味のヤクルトを飲み干し、いよいよ総仕上げに入る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月12日のニュース