星孝 9回痛恨のバント失敗…ワーストタイ借金15

[ 2011年9月1日 06:00 ]

パ・リーグ 西武3-4楽天

(8月31日 盛岡)
 西武打線は7回に4安打を集中して1点差に詰め寄ったが、9回無死一塁から星孝がバント失敗。最後は代打・平尾の右飛で一塁走者の熊代が飛び出して併殺で試合終了。

 星孝は「自分のミスでチャンスをつぶしてしまった」と肩を落とした。2連敗で今季ワーストタイの借金15となり、渡辺監督は「とにかく勝ちたかった。最後のバント失敗が何よりも悔やまれる」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース