唐川 復帰戦でダルとの初投げ合いも無念の完敗

[ 2011年9月1日 06:00 ]

<ロ・日>6回2死一、二塁、小谷野に3ランを打たれ肩を落とすロッテ先発・唐川

パ・リーグ ロッテ1-6日本ハム

(8月31日 QVC)
 左ふくらはぎ痛から復帰したロッテの唐川が6回5失点でKOされた。

 失点は全て2死からで、6回の4失点は許した3安打1死球が全て1ボール2ストライクとカウント有利な状況から。詰めの甘さ、追い込んでからのボール球の使い方が課題として浮き彫りになり「ミスですね。もう少しはっきりしたボール球でも良かった」と悔やんだ。ダルビッシュとの初の投げ合いも完敗して「相手投手を考えると1点勝負。調子が良かっただけにもったいなかった」と反省しきりだった。

 ▼ロッテ・角中(今季2度目の猛打賞も、同点の4回無死一、二塁で送りバント失敗)正直、3安打よりもバント失敗。きょうは喜べません。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース