チェン「何がよかったか分かりません」も6勝目

[ 2011年9月1日 06:00 ]

<中・神> お立ち台でドアラにいじられながら笑顔のチェン

セ・リーグ 中日4-1阪神

(8月31日 ナゴヤD)
 安定感を取り戻した中日のチェンが、7回1失点で6勝目を飾った。

 前回の8月24日のヤクルト戦(神宮)では2回4失点でKOされ、この日も初回にいきなり先制点を奪われてしまう。しかし2回以降に立ち直ると、威力ある速球で阪神打線を力でねじ伏せた。「自分でバントも失敗したし…。何がよかったか分かりません」と首をかしげながらも、「1試合ずつしっかり投げて優勝を狙いたい」と宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース