大場5失点で今季初黒星…ソフトB今季初2桁失点

[ 2011年9月1日 06:00 ]

<ソ・オ>4回、坂口に2ラン本塁打を浴びしゃがみ込む大場

パ・リーグ ソフトバンク7-12オリックス

(8月31日 北九州)
 8月は無傷の4勝、防御率0・33だったソフトバンンクの大場が4回5失点で今季初黒星。

 「先発の仕事をこなせず、試合を壊してしまって申し訳ない」とうなだれた。初回と3回はいずれも先頭打者を四球で歩かせて失点に直結。走者を出しては狭い北九州市民球場で2本の本塁打を浴びる悪循環に、高山投手コーチも「きょうは悪い大場が出てしまった」と厳しい評価を下した。救援陣も打ち込まれ、今季初の2桁失点で2カード連続の負け越しとなった。

 ▼ソフトバンク・カブレラ(7月1日以来の一発となる9号ソロを含む今季初の4安打)チームが負けたので、自分が打ってもあまり喜べない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース