建山「ちょっと早かった」緊急リリーフで1回1/3無失点

[ 2011年9月1日 12:31 ]

レイズ戦の3回途中に登板し、1回1/3を無安打無失点だったレンジャーズ・建山

レンジャーズ1―4レイズ

 レンジャーズの建山義紀投手は31日、アーリントンで行われたレイズ戦に0―3の3回途中から2番手で登板し、1回1/3を無安打無失点、1四球だった。勝敗は付かず、チームは1―4で敗れた。

 先発が崩れたため、序盤に出番が回ってきた建山は「驚きはしなかったが、ちょっと(出番が)早かった」と振り返った。「前回、前々回と不用意に投げて失点したので、丁寧に投げた」と説明した通り、コーナーに投げ分けていた。

 チームはこの日、オリオールズから中継ぎ左腕のゴンザレスを獲得。競争は激しさを増すが、建山は「シーズンを通して僕には常にあること。自分の仕事をしっかり続けるだけ」と自然体だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース