イチロー今季自己最長13戦連続安打も大敗…

[ 2011年9月1日 06:00 ]

エンゼルス戦の7回、2死満塁で右前に2点打を放つマリナーズのイチロー

ア・リーグ マリナーズ6-13エンゼルス

(8月30日 シアトル)
 マリナーズのイチローが今季自己最長を更新する13試合連続安打を放った。

 7回2死満塁で、先発ウィリアムズから一、二塁間をゴロで抜く2点右前打。81マイル(約130キロ)の真ん中低めのチェンジアップを、強引に引っ張った。これで11年連続シーズン200安打に残り28試合で46本。チームは先発した新人バスケスが大乱調で、13失点の大敗。エリク・ウェッジ監督は「打撃陣はいいスイングを維持し、最後まで攻め続けたが、投手陣の出来がかけ離れていた」と渋い顔。プレーオフ出場が絶望的となり、来季を見据え新人起用が多いチーム事情の中、イチローの孤軍奮闘は続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース