ダル自己最多タイ16勝目!「中4日でも中3日でも大丈夫」

[ 2011年9月1日 06:00 ]

<ロ・日>自己最多タイの16勝目を挙げた日本ハムのダルビッシュ

パ・リーグ 日本ハム6-1ロッテ

(8月31日 QVC)
 日本ハム・ダルビッシュが08年の自己最多に並ぶ16勝目をマークした。

 25日の楽天戦(札幌ドーム)に続いて、ワインドアップ投法で8回を5安打1失点。「投球自体はよかったが、コントロールが悪かった」。それでも激しい雨が降りだした6回1死一、二塁も慌てることなく工藤を右飛、代打・金沢は空振り三振と要所を締めた。09年以来封印していたスプリットも要所で使った。「あまりにも簡単に打ち取れる球なのでおもしろくなくてやめた」と封印していたが、ここ最近多投する楽天・田中に触発されて解禁。「これで5球団のデータに入る。いろんなことをするのが大事」と先にある優勝争いを見据えた作戦であることも明かした。

 力強いワインドアップ、そして時にはサイドからと変幻自在に剛と柔を操る投球に「09年の日本シリーズを思い出した」と梨田監督。08年と並ぶ勝ち星にも本人は「08年とは実力も天と地の差がある」と言い切った。今後の登板について「中4日でも中3日でも大丈夫。今年は疲労回復が早いので、どんどん投げさせてもらいたい」。日本を代表するエースは、大リーグ13球団24人の前で、あらためてその実力を示した。

 ≪4度目200奪三振は球団新≫ダルビッシュ(日)が08年に並ぶ自己最多タイの16勝目。現在のペースなら22勝に届く計算で20勝の期待がふくらむ。この日は9三振を奪い今季の奪三振は206。シーズン200奪三振は07年(210)、08年(208)、昨年(222)に次ぎ自身4度目。シーズン200奪三振の最多記録は金田正一(巨)の14度だが、チームでは58、59、61年土橋正幸(当時東映)の3度を50年ぶりに抜く球団新記録になった。なお、ロッテ戦は08年9月29日から8連勝。自身のカード別最多連勝は07~09年ソフトバンク戦、07~10年オリックス戦の各9連勝。次も勝てばこれに並ぶがどうか。

 ▼日本ハム・陽岱鋼(今季3度目の4安打)何とか食らいついてバットを振ったら投手の足元を抜けてくれた。

 ▼日本ハム・小谷野(6回2死一、二塁から5号3ラン)みんながつないでくれて、プレッシャーを与えてくれたから。1日で終わらないようにあしたも頑張る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月1日のニュース